赢博体育官网_BOB体育投注-手机版下载

東北学院大学

新着情報

【中高大一貫教育事業】東北学院榴ケ岡高校生の大学訪問が行われました

2024年03月28日

 3月19日、中高大一貫教育事業の一環で、東北学院榴ケ岡高等学校の生徒が大学訪問を行いました。今回は本学への進学を目指す「TG選抜コース」の1、2年生213名が参加し、大学での学びや志望学科について理解を深めました。

 最初に東北学院宗教センターの野村信チャプレンによる礼拝が行われ、その後生徒たちは学科紹介?模擬講義に参加しました。

 機械知能工学科の熊谷正朗教授が「ロボットをつくる」をテーマに行った講義では、ロボットの定義を考えたり、熊谷教授の研究室で開発された玉乗りロボットを興味深そうに観察したりしていました。
 経済学科の篠崎剛教授が実施した模擬講義のテーマは「日本経済の現状を知り、経済学を学ぶ理由を見つけよう」。生徒たちは、過去30年間の国内総生産(GDP)のグラフを予想し線を描きながら、日本経済の現状を理解し、その上で経済が停滞している原因を探っていました。

240326-2_1.jpg 240328-2_5.jpg

 最後に中高大一貫教育事業実施委員会の村野井仁委員長から講話を聞き、本学のスクール?モットーや教育課程を改めて学んでいました。榴ケ岡高等学校のTG選抜コースでは、今年度1年生を対象に2回、2年生を対象に1回大学訪問が行われ、来年度も継続して実施される予定です。 

240326-2_3.jpg 240326-2_4.jpg